なかなか治らない冷え性の原因|出張スポーツマッサージ、ボディケアなら草津の【LOOSEN ‐ルースン‐】

なかなか治らない冷え性の原因

マッサージにはフットマッサージ、ボディマッサージなど様々な種類があり、体の疲れを癒すことができます。また、体を全体的に刺激できるため血液の流れが正常になり、冷え性対策として取り入れている方もいます。冷えは体に不調を引き起こすもとになりますが、どのようなことが原因で起こるのでしょうか?

食べ過ぎ

食べ過ぎ

食べ過ぎると消化活動に体のエネルギーが奪われてしまい、他の器官への血液供給が減ってしまいます。

消化にかかる時間を食べ物別で見てみると、果物は約20~30分、野菜は約1時間~2時間、炭水化物は8時間~12時間、タンパク質は約10時間~24時間かかります。

そのため、あまりにも食べ過ぎてしまうと、消化のためにそれだけ長い時間お腹に血液が集中し、手足に血が巡りにくくなります。冷えを防ぐことはもちろん、内臓を休ませるためにも食べ過ぎには注意しましょう。

自律神経の乱れ

自律神経が乱れると血液のコントロールが難しくなり、体温調節も上手くできなくなってしまいます。血液コントロールが上手くいかなくなると、血液の流れが滞り冷え性を引き起こします。自律神経は不安やストレス、日常生活の影響を受けることで、バランスを崩してしまいます。特に冷房による影響は大きく、エアコンの効いた室内と暑い屋外の出入りを繰り返すと、血管が収縮・拡張を引き起こし、自律神経はバランスを崩します。

体の歪み

体内で作られた熱は、髪の毛よりも細い毛細血管を通って体中に送られます。しかし、体のどこかに障害があり、毛細血管が行き止まりになると、全身に熱が伝わりにくくなります。その障害になっているのが、歪みなのです。歪みは猫背やO脚など目に見て分かるものから、腰痛や関節痛など痛みとなって感じるものがあります。体の歪みが一部分であっても、体中の血の巡りが悪くなります。

運動不足

運動不足

私たちは運動をすることで筋肉の動きを活発にし、熱を発生させています。しかし、運動不足になると熱を作り出す筋肉が減ることはもちろん、熱が血液とともに運ばれなくなり、冷えを感じるようになります。

また、運動不足になると筋肉を硬くさせてしまい、血液を送り返すポンプの機能も衰えます。運動不足が続くと血管が刺激されず、血液の流れはますます悪くなります。

草津市にある当店では、ボディケア・フットケアなどのリラクゼーションメニューをご用意しております。肩が凝る・足の疲れが気になるなど、心身ともにリラックスしたい方は、ぜひ当店をご利用ください。野州栗東守山大津などのエリアから利用しやすい場所に位置しています。店内は落ち着いた雰囲気で、個室でゆっくり施術を受けて頂くことができますので、お気軽にお越しください。

メニュー・施術の流れについて

メニューについて
メニューについてのご案内です。出張スポーツマッサージ、ボディケアをはじめ、お客様の疲れを癒すメニューをご用意しております。
施術の流れについて
出張施術を受けられる際の流れを簡単にご説明いたします。
はじめてのお客様も安心してご利用ください。

ご予約・お問い合わせ

LINE 友だちになる
メールを送る

Information

からだケア出張サロン LOOSEN
<出張エリア>
出張エリアは草津市を中心に大津市・野州市・栗東市・守山市など滋賀県内へ出張施術いたします。
  • 営業時間 火曜日10時~18時 火曜日以外22時~翌2時
  • 定休日 不定休

ご予約・お問い合わせは
LINE@またはメールにて受付中
友だち追加

【メールアドレス】relaxationsalon.loosen@outlook.jp

滋賀県草津市の【LOOSEN ‐ルースン‐】は、出張スポーツマッサージ・ボディケアをはじめ、疲れた身体を癒すメニューをご用意しております。首や肩こりが気になる、足の疲れが気がするなど、お客様のお悩みをお聞かせください。まずはお気軽にお問い合わせください。

コラム

ページの先頭へ