ストレスと交感神経の関係|出張スポーツマッサージ、ボディケアなら草津の【LOOSEN ‐ルースン‐】

ストレスと交感神経の関係

ストレス社会と呼ばれている現代では、疲れているのになかなか寝付けないという方も多いのではないでしょうか?ストレスによる不眠には、交感神経が大きく関係しています。ストレスを溜めないためにも、ストレスと交感神経の関係を知り、身体をリラックスさせることを心掛けましょう。

交感神経と副交感神経

交感神経と副交感神経

私たち人間には、自身の意思ではコントロールすることができない自律神経という神経があります。自律神経は、交感神経と副交感神経という正反対の働きを持つ2つの神経で構成されており、この2つの神経がバランスをとっていることにより、心と身体の健康が保たれているのです。

人が起きて何か活動している時や筋肉が収縮している時などに働くのが交感神経で、逆にリラックスして筋肉が弛緩している時などに働くのが副交感神経です。この2つの神経は同時に働くことはなく、どちらかが活発になるともう一方は休む仕組みとなっています。

ストレスが2つの神経に与える影響

人がストレスを感じている時は交感神経が優位に働いています。近年ではストレスは悪いものとイメージされがちですが、ストレスを感じることは必要なことでもあります。例えば、スポーツをしている時など、集中し緊張している状態は、交感神経が活発になりストレスを感じています。

この状態の時は、様々なことに対して咄嗟に反応することができます。逆に言えば、集中し緊張するためにはストレスが必要とされているということになります。ただ、強いストレスを感じ続けると、身体を休める時でも副交感神経を押しのけ、交感神経が優位に働きリラックスできない状態になってしまうことがあります。

副交感神経が働いて筋肉が緩み血管が広がることで、栄養や酸素が全身に行き渡り、傷ついた身体が修復されます。そのため、交感神経が優位な時間が長くなると身体の回復が十分に行われず、次の日にも疲れが残り、肩こりなど身体に不調が起こる原因となってしまいます。

リラクゼーションで交感神経を鎮めよう

リラクゼーションで交感神経を鎮めよう

交感神経が優位な時間が長くなっている時は、副交感神経が優位に働くように意識することが大切です。副交感神経が働くのは身体がリラックス状態にある時ですので、副交感神経を働かせたいならリラクゼーションおすすめです。

リラクゼーションで身体をリラックス状態にさせ、副交感神経に切り替えを行うことで、交感神経とのバランスが整い、心や身体の健康に繋がります。

草津市周辺でリラクゼーションサロンをお探しの方は、ぜひ当店をご利用ください。当店は、安い価格設定となっており、個室で施術を行うため、周りの目を気にせず安心してリラックスすることができます。また、自宅が最もリラックスできるという方には出張サービスの利用がおすすめです。草津市周辺でリラクゼーションサロンをお探しの方は、お気軽にご利用ください。

メニュー・施術の流れについて

メニューについて
メニューについてのご案内です。出張スポーツマッサージ、ボディケアをはじめ、お客様の疲れを癒すメニューをご用意しております。
施術の流れについて
出張施術を受けられる際の流れを簡単にご説明いたします。
はじめてのお客様も安心してご利用ください。

ご予約・お問い合わせ

LINE 友だちになる
メールを送る

Information

からだケア出張サロン LOOSEN
<出張エリア>
出張エリアは草津市を中心に大津市・野州市・栗東市・守山市など滋賀県内へ出張施術いたします。
  • 営業時間 火曜日10時~18時 火曜日以外22時~翌2時
  • 定休日 不定休

ご予約・お問い合わせは
LINE@またはメールにて受付中
友だち追加

【メールアドレス】relaxationsalon.loosen@outlook.jp

滋賀県草津市の【LOOSEN ‐ルースン‐】は、出張スポーツマッサージ・ボディケアをはじめ、疲れた身体を癒すメニューをご用意しております。首や肩こりが気になる、足の疲れが気がするなど、お客様のお悩みをお聞かせください。まずはお気軽にお問い合わせください。

コラム

ページの先頭へ